エムスリーに転職すれば人として成長が仕事に繋がりそれが変革になる

誰でもチャレンジできる

タクシー

タクシードライバーになるための資格とは

タクシードライバーの求人は、他の業種とは違い、比較的高年齢の人まで募集を行っている印象です。 しかし、タクシードライバーになるためには、二種免許や地理試験といった試験に合格しなければなりません。 まず二種免許とは、タクシーやバスなどお客さんを乗せて運転し、料金を頂く場合に必要な免許です。二種免許を取得するには、まず普通自動車免許を取得してから3年以上の運転経験が必要です。求人募集しているタクシー会社の多くは、この取得費用を負担してくれます。 次に、地理試験とは東京都の23区、三鷹市、武蔵野市及び大阪の特別地域でタクシー業務を行う際に必要な資格です。試験の問題は40問で32問以上の正解で合格となります。

勤務と給与形態について

タクシードライバーの仕事内容は、何となくわかるけれども、勤務や給与形態はどうなっているのかわからない人も多いのではないでしょうか。求人募集に応募した際は、しっかり確認する必要があります。 まず、勤務については、最も多いのが隔日勤務です。1日の拘束時間の最大は21時間になり、翌日は休みとなります。次に夜日勤です。昼間に運転する勤務形態ではなく夜だけ仕事することになります。続いて昼夜問わない定時制です。こちらは、正社員というよりもアルバイトでの勤務形態です。 次に、給与形態についてもタクシードライバー独特の形態があります。 まず、固定給プラス歩合給、出来高制、出来高制プラス賞与の3つのパターンが一般的です。求人募集の際、自分が初心者なら固定給がある方が安心できますし、ベテランの人なら出来高制や出来高の一部を積み立てて賞与のあるパターンを選択する人が多いです。